コロナでパチンコ店が危ない!

Singapore.jpg

オンラインカジノ関連の記事を多めに執筆していると、よく比較対象に日本のパチンコ店を記事内で書く事があるのですが
パチンコ まとめ」のサイトでは、世界中の問題となっているコロナの影響で大打撃を受けているパチンコに視野を向けて記事が書かれています。
オンカジも、結構歴史が数十年前からありますが、パチンコが出始めた初期の頃と
現在のパチンコゲームと比べ今のパチンコには一部の台を除いて公表されている台の多くに液晶画面が搭載されており
大全体を使った激熱演出などが組み込まれていることが多いです。
初期の頃のスロットやパチンコは、すごくシンプルに設計されており、
パチンコは、玉が所定の所に入り抽選が行われ、確率で当選し大当たりとなる。
スロットは、コインが投下されリールが回るごとに抽選が行われる。演出も目に見えるフラグも全てありませんでした。
大当たりになれば、光るなどの演出はあったかと思いますが・・・。
歴史あるパチンコも私自身お世話になっていた時期があります。
今でも、オンカジにはないパチンコにしかない台に遊びにいくこともありますが、現在は主にオンカジで遊んでおります。
そんなパチンコ店も現在のコロナ騒動で自粛を全国的に日本で案内があった中でも一部の情弱な市民が
会社が休みならすることないからとパチンコ店に足を運ぶ事が話題となり、【パチンコ店=クラスター高リスク】と認識されてしまいました。
既にニュースなどにもなっておりますが、パチンコ店側でもこの問題を真摯に受け止め取り組みがされており
クラスターを発生させないように対応はされております。(一部の店舗では対応ができていないかもしれない)
そのため、ここまでくるともう国民のモラルのレベルになるのかなと思います。
パチンコで生計を立てている人もいるため、絶対に一旦パチンコへいく事は悪とは言えないですが
暇つぶしの選択肢からパチンコや競馬、ボートレースは今の時期は排除するのが賢明と思います。
いずれにせよ、早くコロナが世界的に収まってくれる事を願うばかりです。

この記事へのコメント